Nasal Drug Delivery

当社の経鼻投与基盤技術は、
独自の粉末製剤技術と
投与デバイス技術からなる
Combination Technologyです

Expertise in Nasal Delivery

3D Nasal Cast Model

preview
next

経鼻投与製剤等の製造開発推進に向けた業務提携契約の締結について

 株式会社新日本科学(本店:鹿児島県鹿児島市 代表取締役会長兼社長 永田良一、以下「当社」)と新日本科学の100%子会社の株式会社SNLD(以下「SNLD」)、およびシオノギファーマ株式会社 (本社:大阪府摂津市 代表取締役社長 加藤晃、以下「シオノギファーマ」)は、経鼻投与製剤等の製造開発推進に向けた業務提携契約を締結しましたので、お知らせいたします。

 

 本契約では、当社トランスレーショナルリサーチ(TR)事業部門の経鼻投与製剤等のプラットフォーム技術を活用した事業と、シオノギファーマのCDMO*1事業との業務提携により、新日本科学およびSNLDは経鼻投与製剤等の製造開発を効率的に推進させます。また、経鼻投与製剤等を適用した医薬品開発を希望するお客様に対して、主に製剤研究から治験薬製造までをシームレスで速やかに両社で展開することを目指します。

 

 当社TR事業部門で独自開発された経鼻投与製剤等のプラットフォーム技術は、粘膜付着性を有する担体を含む経鼻製剤とその経鼻製剤を簡便且つ確実に鼻腔内に送達するための経鼻投与デバイスから構成される技術です。TR事業部門では、この技術を用いて薬物の吸収効率の改善、粘膜免疫作用を期待したワクチンへの応用、嗅神経を介した薬物の中枢移行性の改善等の研究開発を進めております。また、SNLDでは、この技術を用いてパーキンソン病に対する経鼻レスキュー薬の開発を進めております。

 

 シオノギファーマは、薬物、製剤に付加価値を与える特殊な技術を多く有しています。例えば、難溶性薬物の吸収性向上技術として、スプレードライによる固体分散体製造技術、ナノ粒子化 技術を保有しております。本契約により、経鼻投与製剤にさらなる付加価値を与えることも可能であり、お客様の創薬開発ニーズへのさらなる貢献が可能になります。

 

 当社は、今後も「環境、生命、人材を  大切にする会社であり続ける」という企業理念に基づき、CRO事業やTR事業および子会社の活動を通じて、「人類を苦痛から解放する」という当社使命を果たすべく、実直に行動を続けてまいります。なお、本件が当社の連結業績に与える影響は軽微です。

 

CDMO*1:Contract Development and Manufacturing Organization(開発型医薬品受託製造企業)

 

<新日本科学について>

株式会社新日本科学(2395:東証プライム)は、国内外の製薬会社や研究機関、バイオベンチャーのパートナーとして医薬品開発業務の受託研究を行う、1957年創業の国内初のCRO(Contract Research Organization)です。新日本科学グループは、「環境、生命、人材を大切にする会社であり続ける」という企業理念のもと、CRO事業においては、基礎研究・創薬を含めた医薬品開発の全ステージを受託できる国内唯一の企業としてパートナーの新薬開発支援に取り組むとともに、トランスレーショナルリサーチ事業では、独自開発した経鼻投与製剤技術やデバイスを活用した自社開発品のライセンス活動に注力しています。また、鹿児島県指宿市では、広大な森林と自然を活用したメディポリス事業を行っており、地熱発電やリゾートホテル運営などを通じて地域経済の振興と環境保全を推し進めるとともに、人々のウェルビーイング(Well-being)と生活の質の向上に貢献し、幸せの連鎖を創造する活動を展開しております。

詳細については、HP(https://www.snbl.co.jp/)をご覧ください。

 

<SNLDについて>

SNLDは、新日本科学トランスレーショナルリサーチ(TR)事業部門において独自開発された粉体製剤技術と経鼻投与デバイスを組み合わせたプラットフォーム技術を導入し、パーキンソン病に伴うオフ症状を速やかに且つ簡便な方法で改善する医薬品を開発しています。現在、国内第Ⅰ相臨床試験を実施中です。

詳細については、HP(https://www.snbl-nds.co.jp/)をご覧ください。

 

<シオノギファーマ株式会社について>

シオノギファーマ株式会社は、お客様から信頼される「技術開発型ものづくり企業」となることをミッションとして掲げ、2019年4月1日より事業を開始しました。原薬の製造法開発および製剤処方開発から商用生産に加え、分析法開発や医薬エンジニアリング技術による設備設計サポートなどを含めた「ワンストップ・フルレンジサービス(https://cdmo.shionogi-ph.co.jp/introduction.html)」を提供できる体制を整えております。

 

スプレードライによる固体分散体製造技術

https://cdmo.shionogi-ph.co.jp/media/topics/a39

 

ナノ粒子化技術

https://cdmo.shionogi-ph.co.jp/media/topics/a22

https://cdmo.shionogi-ph.co.jp/media/topics/a20

 

以上

【本件に関するお問い合わせ】

㈱新日本科学 IR広報統括部 岩田 俊幸

TEL: 03-5565-6216

E-mail:ir@snbl.co.jp

ホームページ:https://www.snbl.co.jp/

 

シオノギファーマ株式会社 CDMO 事業部

TEL:06-6381-7402

お問い合わせフォーム:https://cdmo.shionogi-ph.co.jp/inquiry.html

ホームページ:https://www.shionogi-ph.co.jp/