Nasal Drug Delivery

当社の経鼻投与基盤技術は、
独自の粉末製剤技術と
投与デバイス技術からなる
Combination Technologyです

Expertise in Nasal Delivery

3D Nasal Cast Model

preview
next

パートナリング

当社の経鼻投与システムに関するパートナリングについて、製薬企業のご要望を踏まえ、以下のようなプログラムを経て、当社の経鼻投与基盤技術をライセンス(例えば、化合物ごと、治療領域ごと、応用領域ごと、開発販売国ごと)いたします。

経鼻投与基盤技術のライセンス先

Satsuma Pharmaceuticals, Inc. (米国)

Satsuma 社は、当社が経鼻偏頭痛薬(ジヒドロエルゴタミン)を米国で開発するために設立し、当社から経鼻投与基盤技術のジヒドロエルゴタミンへの応用に関わるライセンス導出を行いました。その後、米国の大手投資会社(RA Capital Management, LLC 及び TPG Biotechnology Partners V.L.P.)による評価を経て、2016年12月に総額1,200万ドルの開発資金調達に成功しました。

Satsuma 社は、ジヒドロエルゴタミン経鼻剤の臨床試験を通じてProof-of-Concept(概念実証)の取得を経て、製薬企業へのライセンスアウトまたは一部株式売却による共同保有等で、収益を生み出す予定です。